ローントラブル

住宅ローンの返済・滞納のお悩みは無料相談「任意売却」で早期解決します

住宅ローン 滞納するとこうなる

―斬陬蹇璽鵑了拱Г鮹抉筺ΑΑ約3か月分

銀行などから催促督促状が届く

残債を一括請求される

な歉祺饉劼ら債権回収会社に債権が移行する

ズ枷十蠅ら競売開始決定通知が届く

競売になると

競売になると...

・市場価格より大幅に安い価格で売却

残債が多く残ってしまう

・近隣に競売が知られてしまう

引越代なども出ない

強制退去を命ぜられる場合もある

任意売却で解決

・市場価格に近い価格で売却できる

残債を少なくすることが出来る

必要な交渉はすべて業者が行う

引越代などを確保できる可能性が高い

・身内の協力で住み続けられる場合も

つまり

相談の流れ

住宅ローンか

住宅ローンの支払いが厳しくなり、延滞支払ストップ

銀行などの債権者から呼びかけ→督促状・催促書通知が届く。

「期限の利益の損失」による一括弁済となり、残債を一括請求

保証会社→債権回収会社に債権が移行する

保証会社が不動産競売の申立をする。

競売開始決定(裁判所から競売開始決定通知が届きます)

任意売却とは

「任意売却」 住宅ローンの支払いが滞った場合に、所有者と債権者の合意のもと、適正価格で売却すること

任意売却とは、住宅ローンが払えない、滞納しているなどでいずれ所有不動産が競売になってしまう場合に、債権者の合意を得て、売却することをいいます。
競売になると所有者の意志とは関係なく、売却されてしまいますが、任意売却はその名の通り、所有者の意志(任意)で売却することができるというものです。

ただし、任意売却の場合、通常の不動産取引とは異なり債権者の合意が必要です。
通常の取引ならば売主と買主の間に不動産業者が入り、仲介します。
しかし、任意の売却の場合は、売主と買主、そして債権者(銀行等)の間に、不動産業者が入るということになるのです。

もちろん、税金(固定資産税、住民税)や、分譲マンションであれば管理費や積立金の滞納があれば、各役所や管理組合との交渉も行いますので、全て精算しての再出発となります。
では、債務者が任意売却を申し出た時に、債権者側はどのように思うのでしょうか・・ 債権者にとっても任意売却はメリットがあるので、住宅金融公庫などは、任意売却にむけての手順書を作り積極的に任意売却を進めています。
いずれにしても、債務者にも債権者にも任意売却はメリットがあるのです。

任意売却のメリット

1.市場価格で販売できるため、残債を減らすことも可能

任意売却は、市場価格で売却できるため、競売に比べて高額で売却することができます。
残債務が減り、その後の生活再建支援につながります。

競売の場合転売目的の不動産業者が買い取るため、市場価格の2〜3割ほど安い価格での売却となり、残債も多く残ってしまいます。

2.引越し費用を確保することができる

余剰金によって、手元に引越し資金を確保することが可能です。

競売の場合引越し費用は一切出ず、
さらに強制退去を命じられる場合もあります。

3.家族のプライバシーを守ります。

近隣に知れ渡る前に通常の売却活動を行うため、
競売にかけられているなどの情報を知られずに解決できます。

競売の場合物件写真や競売情報などを掲載した広告が近所に知れ渡ってしまう。 不動産業者や競売業者が下見に来る事も。

4.身内の方などの協力によっては、居住し続けられる場合も。

身内の方の協力次第では、引越しをせずに住み続けることが可能な場合もございます。
ただし、ご自身のために住宅ローンを組んでくれる方(組めることが可能な方)が必要。

競売の場合落札されてしまうと、
立ち退き
せざる終えなくなります。

任意売却とは

住宅ローン滞納債務者ローン延滞・会社の倒産等
住宅ローンの支払が滞る

弊社に相談任意売却の専門業者(弊社)にご相談。相談者様の返済状況などの現状をヒアリング。ご希望を優先し、対応できるよう調査いたします。

専任媒介契約相談者様の代理人として、各種調査・交渉を行うための「専任媒介契約」を交わします。※もちろん無料です。

不動産再査定近隣相場や蓄積されたデータ、取引事例をもとに物件の価格査定を行います。

債権者と交渉 物件売却活動金融機関からの債権者と交渉致します。債権者が複数いる場合には、配当の調整。サラ金との債務減額交渉なども。

弊社が物件の購入希望者を探します。希望者が見つかれば、売買契約締結。

競売取り下げ金融機関からの債権者と交渉致します。債権者が複数いる場合には、配当の調整。サラ金との債務減額交渉なども。

任意売却とは

任意売却にかかる費用はございません。

物件が売却された場合は手数料が発生しますが、 この手数料は債権者・抵当権者側より支払われます。 よってご相談者様から報酬を頂くことはございません。 成約できなかった場合は手数料も発生しませんし、別途費用を請求することもございません。

※ 弊社がコンサルタント料など別途に請求することもございませんのでご安心ください。

任意売却とは

相談する時期が早ければ早いほうが解決できる確率が高くなります。

逆に残された期間が短いほど、買い手を見つけるのが困難になり、結果、競売の取下げができないケースもございます。 裁判所から「競売開始決定通知」がまだ届いていない方も、 このまま滞納を続けるとそのうち競売になってしまいます。 落ち着いて解決策のご相談する時間を確保する為にも、できるだけお早い段階でご相談いただくことをおすすめいたします。

住宅ローン滞納から競売開始の決定まで

住宅ローン滞納住宅ローンの返済を延滞→滞納。
※この段階でご相談いただけると解決できる可能性が非常に高くなります。

住宅ローン滞納残金全額一括返済の請求が届きます。
※「期限利益の喪失」として一括請求される。

住宅ローン滞納交渉相手が金融機関から保証会社(債権回収会社)に移行します。

住宅ローン滞納裁判所から競売開始決定通知が届きます。
※「競売開始決定通知」が封書で届く。

住宅ローン滞納裁判所から調査官が来て、物件の写真撮影や売却価格の調査をします。※まだ大丈夫です。すぐにご相談ください。

住宅ローン滞納「期間入札」の通知が届き、入札が開始。
※ここまでくると、非常に難しいです。

現在は滞納前だが、「このままいくと近々滞納してしまう」という方も、ご相談ください。

 

任意売却の資料をご希望の方は 下記の必要事項にご入力いただきますようお願い致します。
また、個人情報保護方針をお読みいただき、同意をされた上でのご入力をお願い致します。
※の項目は、お客様に確実にお答えする為に必要な情報ですので、もれなくご記入下さいますようお願い致します。

お名前
ふりがな
郵便番号
ご住所
電話番号
E-MAILアドレス
備考